Blog

home page › sekce › ナイフ(短刀術)、拳銃、その精神と現実 Knife, Gun, Mind and Reality​

ナイフ(短刀術)、拳銃、その精神と現実 Knife, Gun, Mind and Reality​

vloženo: 6.06. 2018 v 21:11

Knife, Gun, Mind and Reality​

ナイフ(短刀術)、拳銃、その精神と現実

To begin, I would like to quote my teacher Soke Hatsumi Masaaki.

先ず始めに、私の師匠の初見良昭宗家の言葉を引用させて頂きたいと思います。

 “At the moment of actual combat, there is no great master or instructor or student. Castes disappear and only those survive who truly understand the meaning of Budo.” 「実際の戦闘(実戦)においては、偉大な師匠や指導者またはその弟子などと云うものは存在しません。そこでは階級の差は消え、本当の武道を理解した者だけが生き残れるのです。」

Often people focus on a fixed target, how to hold a gun, how to move properly. 殆どの人は、拳銃の握り方や正しい動き方のみに集中してしまいがちです。

But in actual combat, everything you have lived through and practiced changes in the madness of survival. しかし実戦においては、「生き残りの本能」というものが稽古で覚えた筈の動きを抑え込んでしまう。 これが一般に「戦場の狂気」と云われるものです。

An attacker who decides to kill is killing and does not deal with the reality of whether or not you are his enemy. 人を殺そうと決意した者にとって、殺す相手が敵で有ろうが無かろうがは関係ありません。

Such an attacker is not occupied with how to kill; he just does everything he can to kill you. In such a situation you do not have time to think, and the actual combat takes only a few seconds. そういう刺客は殺し方には囚われていない。彼は相手を殺す為に出来る全ての事をするだけです。そのような状況下では考えている余裕などは在りません。 実戦とは数秒の間に決着してしまうものなのです。

However, for you, it will feel endless. You can only respond to the situation, and your movements will be based on your natural movements, and movements that you have trained thoroughly for years. しかし、戦っているあなたにとってその時間は果てしなく永い時間に感じられるでしょう。 あなたはその場の状況にしか対応できない。それは基本的にあなたが身につけた自然な動きであり、長年の鍛練により培われた身のこなしである。

 A deranged person, or a desperate man who has nothing to lose, or a person under the influence of drugs, is not cognizant of their own situation. Such an attacker deals only with his object, and that is to destroy, get revenge, or defend, and this becomes the matter of the drama. Many people have died because they have underestimated this fact. An attacking man, even if repeatedly stabbed with a knife or shot is still able to move, attack or to defend themselves in a frenzy and does not feel what is happening or even if he is injured. 狂人や失うものが無い自暴自棄な人、または薬物中毒者は状況の認識が出来ません。その様な人の攻撃は、破壊と反撃または防御の為のみに武器を扱おうとするので、劇的な問題を引き起こします。 殆どの人が、この事を過小評価している為に命を落とします。この様な暴漢は、ナイフで刺されても、銃で撃たれても動く事が出来ます。興奮状態で攻撃と防御を繰り返し、何が起きているのかも理解できず、怪我の痛みすらも感じません。

Therefore, when you get into a situation and you have no choice of defense or escape, and you have a knife or a gun, you should be stabbing or shooting straight into the lower body, such as the hips because they have a significant impact on the center of movement, or aim straight for the head. I'm not talking here about how to defend yourself but how to survive. Therefore, use whatever it takes to resolve the situation of your survival. したがって、このような防御や逃走も選べない状況にあって、あなたが短刀や銃を持っているときは、迷わず相手の下半身を狙うべきです。何故かと言えば、腰周りは人の動作の要であり、相手の動きに重大な障害を与えることが出来ます。さもなくば、直接頭部を狙うべきです。ここで私が言っているのは、防御するという事ではなく「生き残る」為にと言う事です。結局この様な状況を打解する為には、如何なるものでも使いなさいと言う事です。

Do not consider a weapon as merely an object, but use it so that the weapon become a part of your body in motion. Thus, you naturally react and have freedom of movement with a gun by means of which you can connect to, block, hit, or safeguard. 単に武器のみに集中するのではなく、武器を身体の一部にして使いなさい。 そうすれば、体が自然な反応し、拳銃を持った状態で自由な動きができて防御や攻撃、安全確保が可能になリます。

 Any techniques with a knife or a gun are important to keep in your mind. It does not mean that you have an empty hand, or it isn't the style of the techniques with weapons. Above all, you must perform body techniques. In such case, your movements and weapon become one unit in motion and your opponent will only see this one unit in space. 如何なるナイフや拳銃のテクニックにおいても、留意しなければならない重要な事があります。それは丸腰の時の事でもなく、武器を使う技術の事でもありません。将に「体術」を用いるべき時です。 この様な状況では、身体の動きと武器は一体となり、相手からはまるで一つに見えるでしょう。

If you are open, the attacker is able to catch a glimpse of "something". That something is like a magnet and a target. Respond naturally to these observations. もし油断して自分に隙きがある時は、攻撃者からは、それとなく「何か」を悟られてしまいます。その「何か」とは、磁石や標的の様な物です。それは至極自然な成り行きでしょう。

In reality, your honor is not at stake. Be aware that an attacker who wants to hurt you will be relentless. Distance, awareness, and luck, can save you. Each technique and conflict is adjusted and adapted according to the environment. Perhaps in the winter time when you are wearing multiple layers of clothes, or you are on a slippery surface, the fight demands distance, control, a confident stance, and the right timing. 実際には、あなたの名誉が損なわれる訳ではありません。あなたを傷つけたい攻撃者が冷酷になることに注意して下さい。間合、意識、そして運があなたを救うことができます。各々の技術と葛藤は、環境に応じて調整され適応されます。多分、冬にあなたが重ね着をしている時、または足元が滑りやすい時、 間合い、操作、自信のある姿勢、そして正しいタイミング。戦いによってそれぞれに要求されるものがあります。

If I were to decide to kill someone, I would simply explore everything about the enemy's situation and then simply on the street anywhere at a busy public area I would stab or shoot that person. It's simple and fast. There would be no technique that could save my target and even I do not need to know any special skill for such an attack. The only thing that can save you is that you will understand reality; keep respect and take control of the situation as well as of the space you are in. もし私が誰かを殺そうと決断したとします。私は単に敵の状況に関するすべてを探索し、普段と同じように人通りの多い通りに出て、その人をナイフで刺か、若しくは銃で撃つだろう。それは単純で素早く行われる。私の標的を救うことのできる技法はなく、そのような攻撃のために私が特別なスキルを知る必要はありません。あなたを救うことができるのは、現実を理解することだけです。状況を尊重しつつ、あなたがいる空間の状況をあなた自身がコントロールしてください。

 If you get into such a situation when an aggressor attacks, the only thing that you should do is to move naturally and to respond to the aggressor's movements. If you become connected to an opponent’s body, do not interrupt this connection. Thus you will continue to have control over any other motion that occurs. The moment you control and disrupt the attacker's attack, you have a chance to defend, or you can get control of attacker´s weapons. If not, the attacker will return to their position and attack again. That can be fatal for you. If you feel that the attacker has a good distance and good control of his actions, rather do not do anything. Know that in this case you have no chance and will just have to wait for his mistake or any chance to save yourself. 侵略者が攻撃して来るような状況に陥った際、唯一行うべきことは、自然に移動し攻撃者の動きに対応することです。 あなたが相手の体に触れてしまった場合、そのままにして下さい。そうすれば、あなたはこれから起こる別の動きをも引き続きコントロールする事ができます。 攻撃者の攻撃を制御して混乱させた瞬間に、防御するチャンスがあります。攻撃者の武器を制御する事もできます。そうでない場合、攻撃者は自分の位置に戻り、再び攻撃する。それはあなたにとっては致命的です。攻撃者が適切な距離を持って行動していると感じたら、何もしないでください。この場合、あなたはチャンスがなく、相手のミスや自分を救うチャンスを待たなければならないことを知って下さい。

At best, try and live so that you will never get into such a situation. あなたがこのような状況に陥ることが、決して無いことを願っています。 武神館道場 師範 ルボッシュ·ポコルニー

 Lubos Pokorny Shihan Bujinkan Dojo Hombu
January 2017

 

ˆ nahoru
Schedule
of Seminars and Trainings
« December 2018 »
MO TU WE TH FR SA SU
... ... ... ... ... 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
... ... ... ... ... ... ...
2012 © Luboš Pokorný |